洲本たちばなプラス 節分行事

2018-02-11 14:17:41 投稿者:洲本たちばなプラス

 節分とは、「季節を分ける」という意味があります。季節を分ける日は一年に4回あり、春夏秋冬それぞれに始まりの日が決められています。この春夏秋冬それぞれが始まる日の前の日のことを「節分」といわれるそうです。節分の豆まきは、もともと中国から伝わってきた風習で、季節の変わり目には、邪気(鬼)が生じると考えられており、その鬼を追い払う儀式として伝わってきたそうです。

洲本たちばなプラスでも毎年、各ユニットで豆まきを行い、無病息災を願っています。

 

 今年の恵方は『南南東』でした

 職員が鬼を扮して、各ユニットを練り歩きました

『鬼は外、福は内』

 年の数だけ豆を食べると、一年間病気にならないと言われていますが、

『80も90も食べられない』と言われました

 各ユニットで、毎年恒例の記念写真を撮影しました

 

もうすぐ春がやってきます。季節の変わり目、風邪などひかれないようしして下さい

| カテゴリ:洲本たちばなプラス | コメント(0) | トラックバック(0) |

コメント


コメントはありません。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:


トラックバックはありません。

コメント投稿フォーム

名前:
URL:
コメント: